読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『あんさんぶるガールズ!!』メインストーリー概要

さて、予告では今回から『あんガル!!』(各話リリース時は『あんガル!』)のサブストーリーをピックアップしていくはずだったのですが……。

どうしてもメインストーリーをある程度前提としてお話しすることになりますので、序盤の『生徒会長再任選挙』(以下:『再任選挙』)の一件(「生徒会長再任選挙」①~⑦)を中心に個別記事をもうけさせていただくことにしました。

※ネタバレします!

 

 概要

物語は、去年まで伝統ある女子校だった君咲学院が、時代の流れの中で共学化を検討してる最中、そのサンプルとして一人の男子生徒(プレイヤー)を迎えるところから始まります(以下彼を「転校生くん」とします)。そこで彼は幼馴染の三波なつみと再会し、校内を案内してもらうことになります。その際、現生徒会長・鶴海ひまりに出会い、彼女の『再任選挙』対策に付き合うことになりました。その中で『再任選挙』の『対立候補』らの思いに触れ、生徒たちに対する「人助け」をしながら、彼は君咲学院の一員になっていくのです。

f:id:togep:20161011030342p:plain

 

解放条件(あるいは小説版のススメ)

ゲーム内の所定のクエストをクリアすると解放されていきます。

が、「生徒会長再任選挙」は「生徒会騒乱編」として日日日先生書きおろしの小説版も出てます。こちらもおすすめです。

小説の良い点は、会話劇によって進むゲームと異なり状況描写が含まれることですね。そしてもうひとつ大変重要なのが、読むのが楽ということです。 

over-lap.co.jp 

 

ポイント:『再任選挙』と「人助け」

異例の方法で会長職に就いたものの、思い立ったら即行動!派のひまりは失敗続き。そんな姿と前会長の優秀さを比較して、一部の生徒は不信を募らせていきました。そこで浮上したのがこれまた異例の『再任選挙』の噂であり、皆興味津々になってしまいます。ひまりは『再任選挙』開催阻止のため、校内を回って生徒たちのお手伝いをし、根本原因である自分への信頼・好感度を向上しようとします。

そして「初めての男子生徒でみんな興味を持っているから、私がきさまを連れまわせば自然に注目が集まる」というひまりの馬鹿正直な協力要請に応じて、転校生くんは彼女の人助けについて回ります。

これは筆者の感想ですが、『再任選挙』では生徒会長・鶴海ひまりと、転校生くんがそれぞれ試練に立ち向かったのだろうと思います。

ひまりの方は全編を通じた主題ですので、(ここまでの記述で想像しやすい)へっぽこ生徒会長の成長譚~とあえて単純に言うにとどめておきたいと思います*1。 

さて、それでは転校生くんについて少し語らせていただきます。

まず転校生くんという男子生徒の評価ですが、「女子校にたった一人の男子生徒」という立場であることから、皆興味を持っているけれども、無口で何を考えているのかわかりにくいというものです。

また学院の共学化という歴史の変革の象徴的立ち位置にいることから「特異点」と再三表現されます。

さらに『あんガル!!』における「転校生」という立場とその捉え方について。同じ転校生のクー・カロアの個人ストーリー「異邦人」において、転校生くん自身の言葉として「この学校に新しく転校してきた、いわば異邦人」と書かれています。クーは異文化圏からの転校生であり、まあ摩擦もあったのですが、彼はそれを「異邦人」として「その国の、学校の文化をよく知って経験して、知ることで初めて仲間になれる」からだと理解しているようです。

そんな難しい立場(に自分から追い込んでる面も多分にありますが)の彼を、直接の理由はどうであれ、手っ取り早く学校中人助けして回らせたひまり。受け入れられる素地を作ったといえますね。『下僕くん』がほしかっただけでもナイスプレーじゃないですか?!……え、偶然じゃん??のちに彼女もちゃんと考えがあったんだぜというフォローがなされるので「新生徒会就任式」を読んでください。

しかしこれは、そもそもひまりが生徒たちから受け入れられていなければあり得ない論法です。支持されていない会長の下僕が支持されるわけはありません。そのためには当然一人ではろくに人助けできないひまりだけでも駄目だった。ひまり会長と転校生くんは期限付きではありますが、確かに命運を共にしていたのでした。

「みんなはもう知ってるな?彼は私たちの仲間なのだあ!」

歓声と拍手に包まれたこの一連の宣言が、何より明らかな証拠!!

 

余談

上述の「新生徒会就任式」におけるなつみの「ひとの手助けばかりして、自分の幸せを求めない」発言から、人助けは必ずしもひまりの影響というだけでなく、元来の転校生くんの性質でもあるということがうかがえます。

恐らく、今まではただただ良い人だったけれども、君咲学院においては大好きな人たちのために行動して、その人たちにちゃんと感謝されるということが叶ったのではないかと思います。多分それが、「ヘルプマン*2でありながら自らも青春を楽しんでいるという現在の転校生くんのあり方なのでしょう。

 

f:id:togep:20161011004618p:plain

 

当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!!」の画像を利用しております。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
©Happy Elements K.K

 

*1:一言だけ加えるならば「生徒会長としての」成長譚であって、人間的にはもともと優れた素質があったからこそ前会長から選ばれたと思っています。

*2:人助けばかりしている転校生くんに遠見ちかがつけたあだ名。便利なので使ってしまう。